奄美の味がウィルビィに!

「ウィルビィフレキシブルセンター 全国味めぐり」 (勝手に命名!!)第1弾

昨日は、計良さんご夫妻がボランティアに来てくださり、ご主人にはみなさんがいつも心待ちにしている、癒しのマッサージを施していただきました(私にも順番が回ってきますように・・・)

そして、奥様には、奄美大島の郷土料理、鶏飯(けいはん)を作っていただきました

数日前にスタッフの武智美幸(管理栄養士)♥先輩より、鶏飯を作りに来ていただけると聞いてから(^_^)とても楽しみにしていたのです。

どんぶりがその「鶏飯」です。鶏肉やシイタケ、錦糸卵などをご飯の上に乗せ、鶏のお出汁をかけていただく、さっぱりした料理です。(詳しくは検索すれば見られると思います。)

初めて食べたのに、どこか懐かしいような、優しい味。とーーってもおいしかったです

子供向けの昼食です↓

バンビーノの子供たち、あっという間にペロリ

もちろん、セラの利用者様もおいしそうにお召し上がりになっていました♪

社長曰く、「暑いところの料理じゃけん、食欲が湧かん時でもこれならさらさらっと高たんぱくで栄養があるもんが食べれるんやなぁ・・・よう考えられとらい。」  そうですねぇ。隣でうなずきながら箸が止まらない私

この鶏飯(けいはん)は、江戸時代、薩摩藩主の支配下の頃に、奄美大島で藩の役人をもてなすための料理で別名、殿様料理とも言われているそうです奄美大島の食文化を伝える郷土料理として、大切に語り守り継がれてきているのですね。

そんな珍しくおいしい昼食が頂けて、貴重な体験になりました(^_^)ありがとうございました!!

その土地土地の伝統的な食べ物は、その気候や文化によってさまざまな特徴があり、とても奥が深いものです。

これからも時々このような形でみなさんにご紹介できたらと思っています

とりあえず第2弾は全くの未定ですが・・・

このblogをご覧の皆様、ご自分のふるさとの郷土料理のレシピなど、オススメがありましたらどんどん情報をお寄せいただければ嬉しいです(*^_^*)

今朝はほんっとにすがすがしいですね!なでしこジャパン、やりました!見事初戦を白星で飾りました他の競技も続いてほしいなぁ(^◇^)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA