事業所内保育所の実地調査を受けました(*^_^*)

朝から、いつもと違う、ちょっとピリピリしたムードが流れていました。。。。。(^^ゞ

昨日、ウィルビィフレキシブルセンターの保育部門 ウィルビィバンビーノに対する、行政の現地視察が行われました。

厚生労働省の出先機関である、愛媛労働局からお二人の調査官の方が来られ、社長が館内をご案内したり、さまざまな資料を見ながら説明をさせていただきました。

近年、少子化が深刻な問題になっています。その背景の一つに、「仕事と子育ての両立が難しい職場環境である」「働きたいけど子どもを預けられる所が少ない」などといったことが挙げられています。そこで、子どもたちが健やかに生まれ育てられる環境を整えるため、国、地方公共団体、企業などが一体となり、「次世代育成支援対策推進法」という法律が策定されました。

このHP内にも掲載していますが、ウィルビィでは、「社員が仕事と子育てを両立させることが出来、社員全員が働きやすい環境を作ることによって、全ての社員がその能力を十分に発揮し、仕事と生活の調和を図り、以って地域全体の子育てと雇用環境の整備に寄与するため、次のように行動計画を策定する。」という (有)ウィルビィ地域次世代育成支援計画 (一般事業主行動計画)を掲げ、取り組んでいます。

(私も働くママの一人として、ウィルビィバンビーノ=事業所内保育所 に長女を預けて仕事が出来ることは、とてもありがたいと思っています☆)

昨日の現地視察では、そういった計画に沿って運営がなされているか、また国の基準に基づいた保育を行う環境にあるかどうか、すみずみまで入念にチェックされていました。

うれしいことに、滞りなく終わることができ、社長をはじめ、職員一同 ホッと肩をなでおろしたのでした。

こういった調査があるときだけでなく、これからも気を引き締めて、子どもたちの安全、安心のために取り組んでまいりますので、皆さん、どんどんご利用くださいませ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

鯖の塩焼き定食

次の記事

女の☆戦場です。